<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

映画の日(8月1日) - ゲド戦記 -


ジブリだ! ジブリ! いやぁー観たかったよ♪

だけどさぁー 事前にコマーシャルし過ぎちゃう?


どんな仕上がりになるのか楽しみでした!
・・・が、普通にジブリなんだね(当たり前か?)




ハッキリ言ってしまいますが・・・
そろそろ声優さん使いませんか? プロの声優さんをです。

もう十分に有名になりましたし、番宣的に有名芸能人を使わなくても良いのでは?
今回の俳優さんで、まともに聞けたのは、ゲドの菅原文太さん一人ですよ(T_T)
申し訳ないけど岡田くんの声を聞いた時には、観ながらコケましたよ。。。
途中から聞き慣れたけどさ・・・ 岡田くん好きだけど・・・
やっぱイメージに合わなかったなぁ〜〜

やっぱ、餅は餅屋で、本物使いましょうよ。 本職をね!!


でも、この挿入歌は、とても良かったなぁ
未だに心に流れてきます・・・


挿入歌「テルーの唄」

夕闇迫る雲の上 いつも一羽で飛んでいる
鷹はきっと悲しかろう
音も途絶えた風の中 空を掴(つか)んだその翼
休めることはできなくて
心を何にたとえよう 鷹のようなこの心
心を何にたとえよう 空を舞うよな悲しさを

雨のそぼ降る岩陰に いつも小さく咲いている
花はきっと切なかろう
色も霞(かす)んだ雨の中 薄桃色の花びらを
愛(め)でてくれる手もなくて
心を何にたとえよう 花のようなこの心
心を何にたとえよう 雨に打たれる切なさを

人影途絶えた野の道を 私とともに歩んでる
あなたもきっと寂しかろう
虫の囁(ささや)く草原(くさはら)を ともに道行く人だけど
絶(た)えて物言うこともなく
心を何にたとえよう 一人道行くこの心
心を何にたとえよう 一人ぼっちの寂しさを

作詞 宮崎吾朗
作曲 谷山浩子
編曲 寺嶋民哉
歌唱 手嶌 葵


映画のテーマは、とても良かった。
心の闇に蝕まれた現代の人々を映しているようで、怖く
そして、強く負けないで欲しいという願いがあるように思えた、良い作品でした。
「千」より、子供にも解りやすいテーマや内容なので評価できると思います。
何かを感じて劇場を後にしたことでしょう。
sei * 映画 * 17:36 * comments(7) * trackbacks(4) * - -

映画の日(8月1日) - 日本沈没 -


今日は何日でしょう?(⌒_⌒; かなりサボってましたm(__)m
もう次の映画の日が近づいて来ているので簡単にですがUPします。


スマスマのボケキャラとは違って俳優してました。
SMAPって、ジャニーズ最強だよなぁ ( ̄-  ̄ ) ンー


柴崎さん! チョッと厳しくありませんか? その細身でハイパーレスキューは・・・
かなり無理のある制服。 ごっつい女優さんを起用されても困りますが
弱々しいのも・・・ どーかな?
メットぶかぶかだしさ・・・ そればっか気になって・・・( ̄  ̄;) うーん


活断層が燃えまくってます。

学校で習った「フォッサマグマ」とか「プレート」とか出てきて
「懐かしいなぁ・・・」とか思い出している場合じゃなかった!

リアルに関東大震災とか東海とか富士山の噴火とか・・・
何が起きても不思議じゃなかったりする。
現にココ数年は、静岡周辺で自衛隊との防災活動やら何やら行ってるし
きっと、もう仙台あたりに非常事態用の政府施設とか出来ちゃってるんだろうしね。
色々なものが地下で、うごめいていて、
一般人の我々には、事態が起きてからじゃないと、何も知らされないんだろう。

あぁー家の地下にシェルターでも造りたい。
この辺は、活断層が思いっきり走ってるからなぁー
ファイト、一発だな(沈没しちゃったら意味ないけど)


いやいや、かなり暑い・・・ いや熱い夏だな。
sei * 映画 * 17:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト - 7/15 -

行って来ました「パイレーツ・オブ・カリビアンデッドマンズ・チェスト」の先行上映!!
もう楽しみ全開でワクワクしながら観て来ました。
もちろんレイトショーでっす♪ 一人で・・・ね(T_T)


Pirates of the Caribbean; Dead Man's Chest

酒と女を愛する自由気ままな孤高の海賊キャプテン・ジャック・スパロウ、
海賊の血を引く情熱的な青年ウィル・ターナー、
総督の令嬢でありながら海賊に憧れるお転婆娘エリザベス・スワン。



今回、ジャックの前に立ちはだかるのが、
幽霊船フライング・ダッチマン号を率いる深海の悪霊デイヴィ・ジョーンズ。



かつてジャックは、ブラックパール号の船長になるため自分の魂を引き換えに、
デイヴィ・ジョーンズと血の契約を交わしていた。



それは、13年間ブラックパール号の船長を務めた後、
フライング・ダッチマン号の乗組員として永遠に働くというもの。
その契約期間が、切れようとしていた。



ジャックの魂が奪われるのを阻止する方法はただひとつ。
デイヴィ・ジョーンズの心臓が入った死者の宝箱
(デッドマンズ・チェスト)と鍵を手に入れること。



そのために、ジャックは言葉巧みに
ウィルとエリザベスを騙して協力させ、危険に満ちた航海に出る。


が、どうでしょう? いったい、この2時間半は何だったのか?
まさか・・・こんな・・・そんなぁ〜〜ぁ(T^T) ←のび太風
でもね、これ見ないと来年がつまんないからね。 見なきゃ駄目

あードラえもんを呼んで来てくれ!
来年の5月じゃ話が切れまくりだよぉー すんげぇー消化不良じゃんか!!

あぁ・・・ 早く来年になんないかなぁ。。。

ま、、ね。 映像は良かったよ。 リアルでさ。
しばらくタコや魚介類喰いたくねぇーけど(--;)

sei * 映画 * 18:41 * comments(7) * trackbacks(9) * - -

映画漬けの夏休み

7月から8月は、夏休みシーズンなので映画の封切りラッシュです。
すでに「M:i:ミッションインポッシブル3が上映開始。
カーズ」も上々の滑り出しですが、これから第2弾がやってきます!

7/15(土)ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ
7/15(土)日本沈没
7/22(土)パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
(先行上映 7/15〜7/17)
7/29(土)ゲド戦記
8/5(土)釣りバカ日誌17
8/19(土)スーパーマン リターンズ

いやいや他にも子供アニメや仮面ライダーなど夏休みっぽい感じの配給です。
釣りバカ日誌17は面白いけど見る余裕なし!
パイレーツ・オブ・カリビアンは、今週末の先行上映で見たいと思ってますので
もし見たら感想をUPしまぁす!!

それと、チョッと気になるのが8月下旬に公開の「UDON」うどんです。
気になりませんかね?
ユースケサンタマリアの「UDON」ですよ! う・ど・ん!!
なんじゃそりゃ! って感じのタイトルで、妙に心惹かれます(笑)
きっと9月の映画の日の候補になっている事でしょう( ̄ー ̄)ニヤリ

映画ランキング -興行成績- 7/8(土)〜7/9(日)
1位 M:i:III
2位 カーズ
3位 ブレイブ ストーリー
4位 デスノート 前編
5位 サイレントヒル
6位 ダ・ヴィンチ・コード
7位 トリック 劇場版2
8位 着信アリ Final
9位 タイヨウのうた
10位 バルトの楽園 〈がくえん〉
sei * 映画 * 09:21 * comments(0) * trackbacks(2) * - -

映画の日(7月1日) - M:i: トムクルーズ -

7月の映画の日はトムクルーズ主演「M:i:掘廛潺奪轡腑鵐ぅ鵐櫂奪轡屮3

ミッション・イン・ポッシブル3

M:i:靴蓮∩換颯蹇璽疋轡腑Δ7/8からなんですが6/24-25先々行上映と
7/1-2先行上映があったため土曜に一足先に観て来ました。
映画の日と重なるので1日を選択。
ネットから先売り券を予約してあったので余裕で見れました。

いつものイントロ

カーズ」の公開初日という事もあり映画館は子供連ればかり(汗)


スパイを引退し、教官になったイーサン・ハントのもとに新たなミッションがやってきた。
自らの教え子である<IMF>の女性エージェント、リンジーの危機に立ち上がることから今回のミッションは始まる。


しかし、国際的なブローカーのオーウェン・デイヴィアンの登場で、事態はイーサンの予想をはるかに超えるものになってゆく。
イーサンは敵の罠に陥り、過去に経験のない衝撃の計画に翻弄されてしまう。
オーウェンがその正体を知る謎めいた暗号名「ラビットフット」とは何なのか?


そして今回のミッションは、イーサンの本当の姿を知らないフィアンセ、ジュリアの命をも危険にさらしていく。


前代未聞、絶体絶命のピンチに陥っていくイーサン。タイムリミットは“48時間”。
彼は自分との戦いを克服し、成功率0%の任務を成し遂げられるのだろうか?

不可能なミッションを遂行すべく、イーサン率いる<IMFチーム>は新たな闘いに挑む。
どんなメカも手足のごとく使いこなすルーサー、船から飛行機まであらゆる乗り物を自在に操縦するクールなエキスパートのデクラン、最新の兵器に精通している女性エージェントのゼーン、コンピュータを使って世界中の情報を瞬時に把握する天才エンジニアのベンジー。


彼ら<IMF>の精鋭メンバーとともに、イーサンは事件の端緒となるベルリンからオーウェンと初遭遇するローマ、急展開を見せるヴァージニアから上海と、世界中をまたにかける。
<IMF>史上、最も不可能なミッションの全貌とは――!

以上プロモ用のコメントの引用ですが、これ以上は全国公開前に書けません。
シリーズで一番迫力があり面白かったですよ。
まるで「スパイ大作戦」と「ダイハード」が合体したような面白さ。
チームワークはマイアミバイス?(もっと他にあるだろ・・・)

展開もテンポ良くて、本当に「あっという間の2時間」でした。
高級車を爆破するシーンでは、「まじモノ使ってるんかな?」と心配になったほど。。。
あの、、アレですよ。 まっさかなぁ・・・( ̄-  ̄ ) ンー

基本的に映像派なので日本語吹替版優先で観ます。
字幕を追ってると「画」を見落とすんですよねぇ・・・
でも、久しぶりに「字幕版を見たい」と思った作品でした。
もう1回見ようまかなぁ(笑)

まぁーね、ずっとクルーズが好きで観てましたから。
(邦画だと織田裕二です。湘爆から就職戦線、県庁の星まで!!)レベルは無視よ・・・
トップガン、レインマン、カクテルと売れ売れ♪ いいなぁ。。。
ハリウッドで、シリーズ物を手に入れた彼は強いです(-_☆)V

sei * 映画 * 13:00 * comments(1) * trackbacks(2) * - -
このページの先頭へ